運転免許証取得トライ

運転免許証取得の詳細

合宿免許とは

合宿免許は教習所近くで宿泊し、主に短期間で習得する目的で行っています。今の合宿免許ではインターネットで気軽に申し込むことができ、簡単にカード決済など利用できます。

合宿免許は短期目的のため、スケジュールは過密状態でありある程度の日程が必要なため基本的に学生などの比較的に時間が効く方々に利用しやすいです。例えば普通免許MTで所有免許なしで取得する場合を紹介します。最短で2週間程度の期間が必要です。

だいたいは技能34時間、学科26時間程度の時間を受ける必要があり、また仮免許、本試験などの時間も掛かります。ぎりぎりで参加するよりは少し余裕を持たせたほうがいいかもしれません。

始めの1週間程度は技能学科共に第一段階の内容となっています。教習所内での運転、学科は交通標識などの基本的な教習です。その後仮免許の試験となっており、そこですんなり合格となれば晴れて第2段階となります。次の週は技能は路上と学科は救命救急などの項目が追加されます。

順調にいけば2週目の終わりで技能試験となり、教習所によっては学科試験がありますので注意しましょう。

そこで合格できれば晴れて免許センターへの本試験を受ける権利が与えられます。

合宿免許のメリット

メリットに関してはいくつかご紹介します。

取得期間が短い

これが最大のメリットであり、合宿免許の常識となっております。 やはりだらだらと通うよりはまとめて取得した方が教習内容も集中しやすいし、感覚が覚えやすいと思います。 また時間に有効に使えるために計画的な人にとってはとても有効に使えるのではないでしょうか。

費用が通うよりも安い場合がある

教習所にとっては通う受講生は時間が掛かりコスト的に高くなります。 そのためまとめて期間を設けることによりその間の人材コストや教習内容で抑えられるため まとめて合宿させることで一人当たりの経済的コストが安くなり、教習料に反映されています。

宿泊場所が豊富にあること

今までの合宿というと若い人達が共同生活というイメージがありましたが、最近の合宿では宿泊場所はホテルなど選択できるようになりました。 個人のプライベートを尊重する合宿所ができてきたため、一人の参加でも気楽に申し込みができます。

ただ教習所によってはいまだに共同生活も必要な合宿所もありますので事前の確認が必要です。

全国各地に合宿免許があること

自分にあった教習所が全国各地で募集しており、その土地にあった合宿所が増えてきました。 あくまでも免許取得のため勉強することが目的ですが、少しぐらいの余裕もあります。

その土地に観光にきた気分も味わえるため見知らぬ土地でしばらくの間観光気分を味わうのも一部の楽しむとなっております。

交通費が出ることも多い

合宿免許場所で交通費が出るところが多いです。そのために自分の地域にはない免許を取得したい場合にも気兼ねなく行けるようになりました。

合宿所によっては仲間意識ができること

共に一緒に学んでいるためにみんな一緒に頑張ろうという気持ちが湧いてきます。そこでの体験はお金では買えない価値がありますね。


合宿免許へ行く際の持ち物

最近の合宿免許ではホテルやマンスリーマンションみたいなすでに家具家電付きの手ぶらで参加できる合宿所が増えてきました。

合宿所によっては事前に下調べが必要です。ただ何も持っていかないとかなり暇になったり、あったら便利などをいくつか紹介します。

ノートパソコン、スマホ、タブレット

これがあれば便利ですね。

暇があれば動画やインターネット、ゲームなどを楽しむことができます。 また地図としても有効に使えるため慣れない土地では必要です。

ネット環境があればどこでもネットができますし、最近の合宿所でもネット環境が整備されているところが多いです。

ハブラシ

これはやはり大事。借りることなんてできませんからね。忘れた場合でも近くのスーパーや100円ショップでも簡単に購入できます。

洗面用具

シャンプー、リンス、ボディーソープ、洗顔、バスタオル、タオルなどです。 最近は置いてあるところも多いですが、到着するまで分からないため事前に持っていくほうがいいでしょう。

着替え

これは当たり前ですね。だいたい必要なのは下着4、5日分の着替えではないでしょうか。 普段着も2~4日分ぐらい。ただ人によってはだいたいバラつきがありますが、あまり多くなると荷物がかさばるため注意が必要。

洗剤

洗濯する上で重要です。これも場所によってありますが、ない所もあるためだいたい携帯用になっているものを持っていきましょう。

携帯ゲーム機

あれば暇つぶしとなります。スマホやタブレットでもできますが、移動中などで電池が足りない場合暇つぶしとできます。

ここで紹介したのは最低限のものです。人によっては必要なものも変わってくるために自分あったものを持っていくようにしましょう。


教習選びがとても大切

合宿免許ではその合宿がある教習所で短期に免許を取得することや近くに取りたい免許がない場合に主に利用される方々が多いです。 免許の種類によっても選ぶ合宿免許は変わってきます。

公私共に普通自動車が必要な方、仕事で大型や重機などで取らなければならない方、免許停止で再発行が必要な方など免許を取る目的は人によってさまざまです。

合宿免許についても同様でそれぞれに特化した教習所あります。自分にあった教習選びがとても大切でしょう。

また最近の合宿先はいろいろと増え、インターネットや電話で簡単に予約ができる様になりました。 ただネットでの利用しやすい分注意が必要。事前に内容を良く確認していないと契約のミスマッチが起こる可能性があるからです。

実際に当日にそこで視力検査や契約サインのまとめて手続きされるので、事前に知らなかったのでは遅いのです。 行く前には事前によく契約書や概要を電話で確認したり、申し込み前のパンフレットをよく読み返しましょう。

合宿免許はうまく利用することにより、効率よく免許を習得でき費用を抑えられて新たな発見ができるそんな方におすすめだと思います。


年齢によって取得できる運転免許とできないもの


運転免許は一定の年齢に達していなければ取得することはできません。ただし定められた年齢以前でも教習所などに通い、卒検(卒業検定試験)の合格から免許の交付日までに誕生日を迎えて、規定の年齢に達するのであれば受験資格を得ることができます。

年齢による受験資格を種類別に見てみると、「第一種免許」で、原付免許 は16歳以上、小型特殊免許、普通二輪免許も16歳以上で取得可能になります。次いで大型二輪免許、大型特殊免許、普通免許の3種については18歳以上で可能に。

中型免許は20歳以上で、大型免許は21歳以上であれば取得できます。やや特殊な車になりますが、けん引免許は 18歳以上で取得できます。
 
「第二種免許」を同じように見てみましょう。大型特殊第二種免許、普通第二種免許、 中型第二種免許、大型第二種免許、さらに、けん引第二種免許までを含めて、第二種はすべて21歳以上でなければ運転免許の取得は許されません。

これは安全運転の確保という観点から道路交通法によって定められているもので、交通事故や違反運転の増加を抑制するための1つにもなっています。

内閣府がまとめたデータによれば、平成22年12月末時点における運転免許保有者数、および運転免許保有率は、前年比で約20万人(0.2%)増加しており、男性は約5万人減少したものの、女性は逆に約25万人(0.7%)増加したとされています。

さらに年齢層別の増加数では65歳以上の高齢者がおよそ28万人も増加し、前年比で2.2%増となっています。

高齢化社会に問われる世代を超えた安全意識


自動車運転者の安全に対する意識、法令遵守やマナーといったものがますます重要視されている一方で、最近では高速道路の逆走問題やアクセルとブレーキの踏み間違えによる死傷事故が多発するなど、新たな問題がクローズアップされてきました。

事故を起こしたドライバーの多くが高齢者であることから、国土交通省では、運転免許センターや自動車教習所などを通じて「高齢者講習」に力を入れていますが、受講者そのもの参加数が伸びず、高齢運転者の今後のあり方については、年齢制限による自主返納の加速・促進などにも力を入れていく方針です。

運転免許が取得可能となる16歳以上の人口に基づいたに「運転免許保有者数の割合」は73.7%で、そのうち男性が85.8%、女性が62.5%となっています。年齢層別では、35~39歳の年齢層が95.3%でもっとも多く、内訳では男性が98.2%、女性も92.3%という高い保有率となりました。

この層に次いで40~44歳の年齢層が高い保有率を占めています。

働き盛りの社会的キーパーソンが、個人、商用・社用など、自動車を使う機会がもっとも多い年代でもあることが浮き彫りになっています。

高齢化社会で、車の使われ方にも変化が見えはじめている今日、年代や世代を超えた安全意識の高まりが望まれています。

夏休みの合宿免許でカーライフを楽しもう


18歳を過ぎ、大学生になってまず最初に欲しいものは、自動車免許だという人はたくさんいると思います。

しかし、学校やサークル、アルバイトなど以外と時間が無く、何か月も教習場に通いやっと免許取得したころには楽しい夏休みも終わってしまったというパターンもあると思います。

そこで活用できるのが、夏休みの合宿免許で自動車免許を取得するという方法です。

早ければ二週間程度で取得できるため、早期に合宿免許を申し込めば夏休みの後半はドライブ三昧の生活を楽しむ事ができ、海も山も近場の旅行も買い物も、思う存分楽しむことができると思います。

合宿のメリットは短期間で自動車免許を取得できるという事だけではありません。
合宿は海の近くや山間の街、温泉地など様々な場所でイベント開催されている為、その土地を合宿期間中満喫する事が出来るのです。

合宿といっても毎日缶詰状態で、教習訓練をするはけではなく、夕方から教習が無かったり、午前中はのんびりできたりと、結構時間にゆとりがあるので、友達と一緒に参加すれば、とても有意義な夏休みを過ごせると思います。

早く自動車免許が欲しい、夏休みをもっと楽しみたいと思っている方は、今からでも合宿免許を申し込む事で、短期集中合宿免許で自動車免許を取得し、素敵な夏のカーライフを送る事ができると思います。